« 高橋良輔監督の…… | トップページ | 泉谷しげる「戦争小唄」 »

2006年8月12日 (土曜日)

SONY Hi-MD Walkman(R)

花小金井町(小平市)に住む仕事の先輩から、MDをCDにして欲しいと依頼があった。
9月の仕事で使う音源だが急いでいないので、とのんびりしたことを言うのだが、こっちの変換作業に時間が掛かるかもしれないと伝え、急ぎ郵送でMDを送ってもらった。

最初は単純に、MDの音声をパソコンのHDDに取り込んでからCD-Rに焼けば良いと考えていたが、ステレオミニプラグでMacintoshと接続しただけではうまくいかなかった。
シェアウェアの「ひるの歌謡曲」(2,415円) http://hp.vector.co.jp/authors/VA012061/ が便利そうだっだが、有料と言うことでひるんでしまった。
何か新しいアプリケーションを入手してやるより、手持ちの機材で出来ることはないかと探った。

使ったことはなかったが、SONYの録再WalkmanはMacintoshにUSB接続で、WAV形式で音声データを転送できる機能とアプリケーション「Hi-MD Music Transfer for Mac Ver. 1.0」がついている。
さっそくアプリをMacにインストールして試してみた。

結論--->
ドラッグ&ドロップで簡単に音楽データの転送は出来た。
でも自動的にWAV形式に変換して転送。
Hi-MD Walkmanで録音した、リニアPCM、Hi-SPモード、Hi-LPモードで録音したものしか転送できない。
過去の財産のMD音源は、そのままでは転送できない(Hi-MDで録音していないので認識すらしない)

コンシューマー向け SONY製品にありがちな印象(互換性の問題とか、変な新機能とか)である。
昔のMDが全部CDやWAV形式データに変換できたら棚も片付くのになぁ……さて、今回の変換料金、請求書にはいくらと書こうかな。

|

« 高橋良輔監督の…… | トップページ | 泉谷しげる「戦争小唄」 »

仕事関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184353/11405705

この記事へのトラックバック一覧です: SONY Hi-MD Walkman(R):

« 高橋良輔監督の…… | トップページ | 泉谷しげる「戦争小唄」 »