« 記録 なぎら健壱『Birthday LIVE 2007』演奏曲目2007/4/15 日曜日 | トップページ | 広島県物産館の戦利品お裾分け »

2007年4月18日 (水曜日)

記録 なぎら健壱 『今宵あの人を想う』演奏曲目2007/4/16 月曜日

桜井音楽事務所主催 『今宵あの人を想う』

 この日に北の国で逝った高田渡氏を想い、
 彼のホームグラウンドだったMANDA-LA2で、
 彼と親しかった方々の歌を聴く。
                               〈公演案内のチラシより転載〉

  日時  2007年4月16日(月) 18時半開場 / 19時半開演
  開場  吉祥寺 MANDA-LA2
  料金  前売り2800円 / 当日3000円

  出演者 (アイウエオ順)

  小林政広 http://members.aol.com/sarumachi/
  シバ http://www.shiva-nagareboshitsuushin.com/
  鈴木常吉 http://www007.upp.so-net.ne.jp/tunekichi/
  豊田勇造 http://www.toyodayuzo.com/

  以上決定。他にも追加出演者があります (以上、桜井音楽事務所WEBより)
-----------------------------------------------------------------------------------
当日の進行は……飛び入り参加の方も含め……
1. 鈴木常吉 (Vo./Acc.) ゲスト:「ものもらい」松倉如子(Vo.)
2. 小林政広 (Vo./A.G.) ゲスト:加納厚(pf)/シバ (Harmonica/Cho.)
3. 豊田勇造 (Vo./A.G./Harmonica) ゲスト:「夢で会いたい」シバ (Harmonica)
休憩
4. いとうたかお(Vo./A.G.)
5. 村上律 (Vo./A.G.)
6. シバ (Vo./A.G./Harmonica)  ラストは出演者全員で……
7. なぎら健壱 (Vo./A.G.[Direct Injection使用])+出演者全員で、「この世に住む家とてなく」「ゼニがなけりゃ」「生活の柄」


あえて進行表と呼べるようなモノはないので、アタシがCDとか持っている出演者の演奏曲目で、分かった曲のみ書いておきます

シバ
 「グットナイトブルーズ」
 「不眠症」
 「汽車が田舎を走るそのとき」
 「帰還」
 「象」
 「死刑囚の唄」
 「火吹竹」
 「16ブルーズ」?


この日、会場でCD「道 ON THE ROAD」(シバ)を購入。

そして、ちょっと前まで、シバさんが使っていたLEICA M3(1034845)で、シバさんを撮影。これはケッコー感激である。
(このM3は、CD「シバ 高田渡を歌う・毎晩夜通し起きていて」のインナー写真、渡さんとシバさんの2ショットでシバさんが肩から提げているM3と同じだと思うし、この画像のとも同じかなぁ……)
このM3は、2005年11月30日にシバさんが、なぎらさんに譲ったもの。
それをアタシが「欲しいッス」と四日後の12月4日の深夜に譲っていただいたのである。


-----------------------------------------------------------------------------------
(記録のため主催者のmixi日記より転載)
オレの司会で始まる。
今回だけは目立ちたくなかったが、誰もやってくれないから仕方ない。
長い割に中途半端になる。
トップは鈴木常吉さん。
いつものように彼ならではの世界。
指が震えていたのが印象的だった。
本人は酒のせいだと言うだろうけどさ。
いいよ、やっぱりいいよ!
本多菊次朗さんが声を掛ける。
オレも知らなかった松倉如子さんが出るサプライズ。

2番手は小林政広さん。
渡さんとの出会いの話で笑わせてくれた。
最初緊張気味だったが、だんだん乗ってくる。
で、「スイング・ジャズ」という曲を聴いてハッとする。
これ、小林さんの曲だったんだ!
当時、FM東京でやっていた「気まぐれ飛行船」という番組で、
田中研二のアルバムと共に全曲かかった自主制作盤が小林さん
(林ヒロシ)の「とりわけ10月の風が」で、それこそオレは、擦り切れるほど
聴いたのだ。
懐かしくて泣けた!

3番手は豊田勇造さん。
来てくれてよかった!
聴きたい曲はあるか?と聞かれ、一度答えたけどすぐに撤回した。
本人が決めたものを聴くべきだから。
でも、やってくれた。
渡さんとコーヒーを飲みに行く歌。
あれほど渡さんの人柄が出ている曲はない。
すごいだろ?勇造さん。
そして、サプライズのペケこといとうたかおさん。
オレ、ペケさんを生で聴くのは実に32年振り!
西荻ロフト以来だ。
あっ?お別れ会に出たっけ?
そしたら、またまたオレの知らないサプライズ、村上律さん登場!
2曲も!
この人が出ると武蔵野っぽくなるよね。

そして、最後?がシバさん。
さすがのテクニック。
上手い!
すると、22時45分の時点であと30分後に着くとなぎらさんからの電話。
シバさんは今日なぎらは無理だナァと言っていたからビビったと思う。
でも、つないでくれた。
どのタイミングでなぎらさんを呼ぶか迷ったが、えーい!と呼んじゃった。
出てくれてホッとした!
勇造さんとなぎらさんが同じステージに立つなんて、
夢の中の出来事だった。
信じられない。
こんなにたくさんのミュージシャンがいる。
みんな渡さんと親しかった人だ。
うれしい!
誰も渡さんのことを忘れたりしないよ。
しっかり目に焼き付けた。
渡さんの奥さんもお兄さんも来ていたらしい。
オレが怒らせた管理人さんも来てくれた。

正直つらいこともあったけど、こんなに嬉しいんだから
やってよかったに決まっている。
思っていた程当日券が伸びず、ギャラがショボいのには参ったけど。
少しは上乗せしたが、申し訳ないよなぁ。
さすがに噂通りのマンダラ2だ。

こうしてオレの夢物語は終わった。
いい夢を見た。

|

« 記録 なぎら健壱『Birthday LIVE 2007』演奏曲目2007/4/15 日曜日 | トップページ | 広島県物産館の戦利品お裾分け »

仕事・なぎら健壱 演奏曲目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記録 なぎら健壱『Birthday LIVE 2007』演奏曲目2007/4/15 日曜日 | トップページ | 広島県物産館の戦利品お裾分け »