« 記録 なぎら健壱 演奏曲目 2008/5/10 土曜日『なぎら健壱 Live in ハピマ』 | トップページ | 観劇、そして、ありがたいことに酒席…… »

2008年5月15日 (木曜日)

金属音 破壊音 もっと激しく、限りなく重く、センチメンタルに……

心穏やかにとかリラックスさせてくれる音楽、そう、時には眠りに誘われる交響曲ってのも好きだが、器楽曲が好きで、InstrumentalのCDはかなりの枚数を所有している。

《 人声を一切用いず、楽器のみで演奏されれば器楽曲と呼ばれる。狭義には、ピアノなどの独奏楽器のための独奏曲のことをいって、管弦楽、室内楽などと区別する》とWikipediaにあるから、一般的な器楽曲と呼ばれるモノ以外も好きなんだなアタシは……

ピアノが好きなのは前にも書いたが、アタシのmixiのプロフィールの[好きな音楽]にもあるように激しい音楽にはかなり傾倒している。http://mixi.jp/show_profile.pl?id=5564631

ジャンルで言えばIndustrial。
重く激しい、ガンガンの金属音、しかもInstrumentalであればアタシの高揚感MAXである。
でもセンチメンタルを感じない楽曲は好きになれないんだよね、激しさのなかに内包されるセンチメンタリズム(sentimentalism)がないとね。
だからなかなかIndustrialのBANDで、好きなのって出会えないんだよね……
 http://ja.wikipedia.org/wiki/インダストリアル


アタシの先輩 川原伸一さんがMETAL PERCUSSIONとSamplerで参加している石川忠さんのBAND「Der Eisenrost」が出演する〈 ELECTRICAL POWER ROOM BAND 〉は観に行きたいなぁ……「Der Eisenrost」は大好きだし、渋谷のCLUB QUATTROで観たLIVE以来だナァ……う〜ん、観たい。

 http://www.dereisenrost.com/UntitledFrameset-3.htm
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=2318363


■ 2008.6.14(sat)
  ELECTRICAL POWER ROOM BAND

   shibuya@chelseahotel   http://www.chelseahotel.jp/
   ライブハウス チェルシーホテル
   東京都渋谷区宇田川町4-7トウセン宇田川ビル B1F A
   (問)03-3770-1567

 OPEN 23:45 - CLOSE 05:00
 CHARGE  With F  1800yen / Without F  2300yen  
-------------------------------------------------------------
 GUEST LIVE
   Der Eisenrost / アイゼンロスト   http://www.myspace.com/eisenrost 
   AAPS / エープス   http://www.myspace.com/tuneaaps

  DJ
   SEX
   wonder Boy
   ken
   ONE MORE ROCK
   川邉 修一(住原プロデュース)

  VJ
   船越愛 + kyabetwo!
-------------------------------------------------------------

《Der Eisenrostでの活動で知られる石川 忠を輩出したツァイトリッヒ・ベルゲルターの元メンバーとして一時在籍していた、元SOFT BALLETの藤井麻輝は、日本版SPK限定ボックスの解説を執筆するほどインダストリアルに傾倒しており、SOFT BALLET名義の楽曲だけに留まらず、BUCK-TICKの今井寿と組んだユニットSCHAFTでインダストリアルを独自に解釈した》という一文を最近読んだ。

そういえば、昨年、「下町もんじゃ焼 らくらく」の店長に貸して貰った「SCHAFT」のLIVE Videoは結構よかったな……

|

« 記録 なぎら健壱 演奏曲目 2008/5/10 土曜日『なぎら健壱 Live in ハピマ』 | トップページ | 観劇、そして、ありがたいことに酒席…… »

音楽・楽器・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金属音 破壊音 もっと激しく、限りなく重く、センチメンタルに……:

« 記録 なぎら健壱 演奏曲目 2008/5/10 土曜日『なぎら健壱 Live in ハピマ』 | トップページ | 観劇、そして、ありがたいことに酒席…… »