« 墨田区の京島辺りへ…… | トップページ | 頬を伝わる涙に、もう口ずさむことは出来ないのかと一瞬思う…… »

2009年5月11日 (月曜日)

20090510 恵比寿 ザ・ガーデンホールへ……「生まれ落ちた者たちへの生誕祭」

090510

今回も風の街の会員の方々、お二人に偶然お会いしました……

----------------------------

「RO69_20090510.pdf」をダウンロード

----------------------------
〈以下、ポニーキャニオンのWEBより転載〉

2009年5月10日。恒例となった泉谷しげるの誕生ライブは、恵比寿 ザ・ガーデンホールにて、午後17時10分幕を開けた。
「生まれ落ちた者たちへの生誕祭」と題したライブには、満員の観客と、5月2日に泉谷の盟友である忌野清志郎が逝去したことに対してのコメントを求めるマスコミが大挙して詰めかけた。

第1部。たったひとりアコースティックギターを掻き鳴らしながら 『紅の翼』を歌い上げた後、世界的パイプオルガニスト後藤香織はじめ美形揃いのカルテットを迎え、泉谷の『有り得ない』という言葉通り、未だかつてないクラッシックをバックにした『春夏秋冬』から コンサートは始まった。途中、未発表曲『愛と憎しみのバラッド』 では、「愛」をテーマに作られている、来るべきニューアルバムの片鱗を見せ、 「清志郎に捧げる」という言葉と共に、新曲『頭上の脅威』を熱唱。人の命について歌われたこの楽曲は、この日グランドピアノとカルテットをバックに歌われた、まさにレクイエ ムである。ライヴ中、何度となく盟友について言及。
「俺はあいつがいなくなったなんて認めない。いつかあいつをみんなの前に連れて帰るから!!」
そのたび、客席は沸きに沸いた。

第2部。押井守原作・脚本のアニメ映画『宮本武蔵』の主題 歌、6月17日発売のニューシングル『生まれ落ちた者へ』のプロモーションビデオが突如スクリーンに映し出され、固唾を呑むオーディエンス。おなじみの泉谷バンドを従え登場する泉谷。最新アルバムの1曲目に収録された『業火』から始まる第2部は、絶叫の連続。興奮のあまりセットリストを無視して突き進む泉谷。そしてコンサートはクライマックスへ。『眠れない夜』『国旗はためく下に』が披露されるに至り、 シートを無視してステージに駆け寄るオーディエンスの顔は、一様に興奮の極み、そして笑顔に満ちている。
警備員が必死でトラロープを引っ張るが、オーディエンスがロープを突き破る。
名曲『翼なき野郎ども』でライヴは終了するものの、鳴りやまない 怒号と拍手に押され、そのままアンコールに突入する泉谷。
息を切らし歌った『長い友との始まりに』に続き、突如、そしてついに『雨上がりの夜空に』のイントロが響き渡る。
何の躊躇いもなく、客席は泉谷と大合唱を始めた。間奏で思わず顔 面を腕に埋める泉谷。飛び交う怒号。
顔を上げた泉谷の瞳は、うるんでいた・・・。

心の中の暗闇を吹き飛ばすように、一層激しいアクションで会場を焚きつける泉谷。そして『野性のバラッド』ではジャンプ、ハイタッチ、客席にギターを投げ込む場面も。全ての演目を終え、「俺はがんばるから!!」とマイクなしに絶叫した泉谷の顔は、清らかにすら思えた。

全26曲。全てに命を込めた、無上の誕生ライブは、こうして幕を閉じたのであった。

|

« 墨田区の京島辺りへ…… | トップページ | 頬を伝わる涙に、もう口ずさむことは出来ないのかと一瞬思う…… »

音楽・楽器・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20090510 恵比寿 ザ・ガーデンホールへ……「生まれ落ちた者たちへの生誕祭」:

« 墨田区の京島辺りへ…… | トップページ | 頬を伝わる涙に、もう口ずさむことは出来ないのかと一瞬思う…… »