« 記録 なぎら健壱 演奏曲目2009/8/29 土曜日 a monthly live in MANDA-LA2 | トップページ | 台風11号接近中につき、外回りは延期…… »

2009年8月30日 (日曜日)

本日の現場……[uzu-22:ねり渦]at しもきた空間リバティ

1チョイト前に記載したが、久し振りに下北沢である……

http://www.liberty-feel.co.jp/kuukann/

空き時間に古本屋と中古CD屋を巡ろう……

 本日の上演作品:「 STAMP DAYS 」(作/演出/出演:高山 広 actor-direct-writer)

------WEBに投稿された感想文を引用----------------
WEB 「まりしろ」内【 笑いのグランド 】頁より

●09/8/30.日昼夜 しもきた空間リバティ「渦22 ねり渦 あつ渦」
執筆者:めぐりん

30日の昼夜、「ねり渦」は「渦」らしい軽やかさにあふれた会でした。
私のイメージの中の「渦」らしいライブって感じ。
軽やかなのは、みんなきちんと作り込んで来ているから。
こっちは安心して身を任せてられるのです。
やっぱり涙と鼻水で死にそうになるほど笑ったのはだるま食堂でした。
女ドリフと呼ばせてもらおう。
高山広さんもイイ。
ムダにいい男なところがまた素敵。
だめじゃん小出さんの山の手線を題材にした鉄道ネタも、東京でしかできないネタでしょうけど、むしろ東京であのネタを聞く快感ってすごいです。
でも、なんで日暮里でみんな笑うんじゃ!と日暮里在住の私は複雑な気持ちでもありました。。
スセリさんは脚本力に磨きがかかっている!
いつも思うのですが構造が落語っぽい。
噺家さんにスセリさんの台本を落語として演ってもらうと面白いだろうなあって思いました。


夜「あつ渦」はもう発狂しそうに爆笑しまくり。
作りこみの逆で、何がおこるかわからない不安感が気持ちよい。
清水宏さん、最初はあまりに汗っかきなのとその目力で、気持ち悪いとか怖いとか思っていたのですが、なんだかかわいく見えてきました。
彦いちさんとの関係がなんとも、イイです。
豪快そうでいて、Blogなど見ますとけっこうきちんと返事を書いていたりして。
狂気と律儀が同居する清水宏、いーです。

--------------------------------------------
Pop12

|

« 記録 なぎら健壱 演奏曲目2009/8/29 土曜日 a monthly live in MANDA-LA2 | トップページ | 台風11号接近中につき、外回りは延期…… »

仕事・NON GATE THEATRE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日の現場……[uzu-22:ねり渦]at しもきた空間リバティ:

« 記録 なぎら健壱 演奏曲目2009/8/29 土曜日 a monthly live in MANDA-LA2 | トップページ | 台風11号接近中につき、外回りは延期…… »