« 「渡会61(高田渡聖誕祭)」@カトリック吉祥寺教会 大聖堂 | トップページ | 最近買った本……2010_04_20 »

2010年4月16日 (金曜日)

本日の現場……MANDA-LA2_2010/04/16 [ 追記有り ]

20100416174905三人で演る曲のR.H.中です……

桜井音楽事務所 主催公演
「今宵、あの人を想う vol.4」@吉祥寺「マンダラ2」

出演:渋谷毅(ピアノソロ)  ゲスト:両手に花[ 金子マリ and 小川美潮 ]
 ※ 高田渡さんの命日に、渡さんゆかりのミュージシャンの演奏を聴く音楽会の第4回
   今年も、渡さんがいちばん好きだったピアニストで最後の共演者、渋谷毅さん

----------------------------------------------------------
〈 主催者のmixiより転載 〉

「今宵、あの人を想うvol.4」at吉祥寺「マンダラ2」 記: 2010年04月17日12:36p.m.

高田渡さんの命日なのに、ホームグラウンドだったマンダラ2でなんにもないなんて寂しい、そう思ってオレが始めたイベントの4回目。
そして、もしかしたら最後?

始めたときは、オレを含めた渡さんのファンのためだったのだが、渋谷さんにお願いするようになってから、だんだん渡さんに聴いてもらいたいと思うようにもなってきた。

渡さんは、本当に渋谷さんが好きだった。
荻窪「グッドマン」のカウンターで、酔いつぶれた渡さんの口から「俺、渋谷さんが大好きなんだよなー、渋谷さんがいればなーんにも要らない」を聞いたことがある人は、何人かいる。

で、昨晩の「両手に花」。
2年前にこれを見たとき、ここ10年くらいに見た中で最高のパフォーマンスだと思い、次に横浜開港記念館まで聴きに行った。

昨晩もよかった。
渋谷さんがある仕草をしたときは、満足しているとき。
それが出た。
マリさんの小さなガッツポーズもオレは見た。
美潮さんは、オレがCD-Rに録音したと見るや「私にもダビングしてー!」ときた(ホントはオレのものじゃなくあなた方のものです、スンマセン!)。
マリさんも「あたしも欲しい!」なんて踊り子ルイーズ(わかる人にはわかるのだ)みたいな声で言われた日にゃあ、最高!ってことになる。

主催者冥利に尽きるのは、お客さんの満足度だけじゃない。
出演者がいかに気持ちよくやってくれるかもだと最近よくわかった。

彼らは、リハのときはそんな会話もしていたが、渡さんの名前は敢えて出さなかった。
でも、「意識」していることは渋谷さんの選曲でわかった。
美潮さんの、生を謳歌するような表情が印象的だった。
それから、今更ながら金子マリというボーカリストの圧倒的な実力にぶちのめされた夜だった。
こんなのを聴いちゃうと、そこらへんのへなちょこ自称ボーカリストを鼻で笑いたくなる。
そこのおねぇちゃん、パーフォーマンスをなめちゃいけませんよってね。

さて、NHKはこれをどんなふうに使うのか。
お手並み拝見だな。
それから、渡さんはどんなことを思ってくれただろう。
教会に行ったり、こっちに来たり忙しかっただろう。
今年は、「カーン」という例の音は聞こえなかったけど、「デブ、まだこっちに来るんじゃないよ」って言われたような気がした。
----------------------------------------------------------

|

« 「渡会61(高田渡聖誕祭)」@カトリック吉祥寺教会 大聖堂 | トップページ | 最近買った本……2010_04_20 »

仕事関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184353/48101035

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の現場……MANDA-LA2_2010/04/16 [ 追記有り ]:

« 「渡会61(高田渡聖誕祭)」@カトリック吉祥寺教会 大聖堂 | トップページ | 最近買った本……2010_04_20 »