カテゴリー「書籍・雑誌 」の18件の記事

2011年10月25日 (火曜日)

最近買った本……2011_10_25

じっくり本を読む時間を作っていないので……あまり買っていないし読み切っておりません

「積ん読」状態です……あっ、仕事用のは必要なページのみ読みました。麿さんのもまもなく読了……

続きを読む "最近買った本……2011_10_25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火曜日)

最近買った本……2010_10_26

ま、いつもの目黒の古本屋(なぎらさんの元マネージャー見習いの飯島君の実家ですな)で購入…………

「堀切直人コレクション1 新編 唐十郎ギャラクシー」(右文書院)と「生活史叢書14 演歌師の生活/添田 知道 (著) 」(雄山閣出版)

続きを読む "最近買った本……2010_10_26"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火曜日)

最近買った本……2010_04_20

やれ年度末だゴールデンウィーク進行だと、ここ最近、時間に追いまくれて何かと忙しかったりもする……それでも勉強の時間は欲しい……とりあえず参考書でも買ってくるかと、中古書店「本買います、本当です」へ……2冊買ってきたが、じっくり読む時間が取れねぇ……

続きを読む "最近買った本……2010_04_20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水曜日)

TSDの打ち合わせ帰りに……

20090520184940武蔵小山駅近くまで、TSDの懇親会会場用に(「家庭料理 久慈川」の理香さんに)予約を入れていただいた居酒屋に、下見と打ち合わせに伺った……

その帰りに小山3丁目の古書店へ……舞踏や演劇カンケーのそそられる本が何冊もあった……

今度ゆっくり来て吟味しよう……ああ、金も無いのに買ってしまいそうだ……でも大野一雄先生のや唐十郎さんのは、今すぐにでも欲しかったなぁ……ただ、値段の表記のない古書も多くあったな……

目黒本町辺りから、この辺りまでの一本道には、何軒かの古書店や店主の趣味が感じられる店が幾つかある……店構えも面白いので、そのうち写真撮りに来たいと思っている……

続きを読む "TSDの打ち合わせ帰りに……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日曜日)

御本人からMANDA-LA2で買わせていただく……

33951_2
20090425 吉祥寺のMANDA-LA2にいらしていたので、めでたや信さんの著書「盛り上げ口上師 めでたや信のツカミの極意」(ツカミCD付き)を御本人から購入……

本書の帯には、なぎら健壱さんがコトバを寄せているし、第一章には〈なぎらさんが自然に飲んでいる横丁〉という頁もある……


【記載途中です】

続きを読む "御本人からMANDA-LA2で買わせていただく……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土曜日)

こうして本が増えていく……

すべて古本屋(吉祥寺、鷹番)で買ったモンだが、なかなかに納得できる金額で手に入れられた。

しばらく本を読む時間が取れなかったので、次から次へと徹夜で読み進めてみたが、やっぱ集中力の問題かな、頭に残りにくいね……まぁ、実用書もあるし再読は繰り返すのもあるから良いかな……

続きを読む "こうして本が増えていく……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金曜日)

「増補版 じゃがたら」が謹呈本として河出書房新社から届く……

Jagatara_2「増補版 じゃがたら」(著者:陣野俊史/河出書房新社)が出版された。

著者の気遣いで、謹呈本として頂戴した……陣野さん、ありがとうございます。

奥付を見ると、〈2000年8月15日 初版発行/2009年3月30日 増補版初版発行〉とある。
2000年の初版は、購入した当時から今まで大切にしている書籍の一冊で、幾度かの転居のさいにも手元(仕事場)に置いてきた(再読する機会が少ない書籍は自宅の納戸へ保管してある)。

そしてこの「増補版 じゃがたら」も手元に置き、たびたび頁を繰ることになる一冊であろう。

続きを読む "「増補版 じゃがたら」が謹呈本として河出書房新社から届く……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火曜日)

こうして本が増えていく……

近所の古本屋で、また買ってしまった……

リットーミュージックのは、880円。昔、お世話になった(大ファンでもある)木村威夫さんのは 880円。写真集は 860円。

続きを読む "こうして本が増えていく……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火曜日)

そういえば、意外と少ないかも……

なぎらさんのマネージャー(見習い)だった、飯島君の実家の古本屋「飯島書店」に久し振りに伺った。

まぁ、仕事場の近くなので前は良く来ていたのだが、アタシの感覚では値の付けかたが高く感じていて最近は足が遠ざかっていた……

今回、あくまでもアタシの感覚だが「チョイト高いなぁ…」と思いながらも一冊の本を購入した。
絶版か版元品切れで手に入らなかった本で、ここ数年は積極的に探していなかったのだが、「飯島書店」で見つけてしまった。

続きを読む "そういえば、意外と少ないかも……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木曜日)

こうして本が増えていく……

近所の古本屋で、ハードカバーを二冊買ってしまう……青弓社の写真叢書「写真との対話」「写真から/写真へ」ともに森山大道 氏の著作で、定価2,000円の本だが、一冊900円で手に入れる。

この本は、今じゃ一冊に合わさって売っているようだ……

しかし、本を買う前に机や床に積まれている本を何とかしなくてはなぁ……

続きを読む "こうして本が増えていく……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)